上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








明けましておめでとうございます。
(気分は思いっきり喪中ですが・・・いつでもどこでもわんこといっしょにいられるやん、と、ポジティブにいきましょう。)

今年は、わんこが持ち運べるようになったので海外で、正月を迎えることにしました。
バリ島を10月末に予約したのですが、11月キャンセル料発生時期になってもまったく取れる気配がなく、急遽、別の場所を探してみたら、ハイナン島・・・なんだそりゃ?どこそれ?てなことで、まったく知識のないまま予約。予約してから、色々調べてみました。
HISのチャーター便で行くハイナン島4泊6日。

中国最南端の九州ほどの島。ベトナムの東がわ。三亜(サンヤ)というリゾート地。
ホテルは亜龍湾のマリオットを予約。
外資系のホテルばかり。日本は、”裏がね~”をうまく利用できないため、進出できないんだって。
英語は不可。中文電子辞書と筆談が役にたちます。

韓国、台湾、ロシア人が利用。年中泳げちゃうって、でもちょっと寒かったので、海は、見るだけにしました。
日の出は7時前後日の入りは18時頃。とっても綺麗です。
潮風の臭いもなく、湿気も無い、珊瑚と貝殻のきめの細かい砂浜が続く海岸。
昼は、迫力のある体格のロシア人がいっぱい日光浴をしてます。
海のレジャーも充実してて、海底世界という場所が近くにあるけど、なぜか、ツアーでは、西島を勧めてます。
大晦日は、それぞれのホテルでパーティが開かれ、カウントダウンの花火が打ち上げられます。

市内へはタクシーで50~60元(15円=1元)。バスもあるけど、時間がかかるので、タクシー利用が便利。筆談。
活気があり、大きなスーパーもあり、なんでもあります。市外道路には信号がなく交差点はロータリー式。市内は信号があるけど、人にとっては有って無いようなもの。がんがん渡っちゃって。でも、事故がないんだよね。クラクションは鳴らすのが当然。常に車は割り込んでくるものという状態で運転しなければいけない。車に乗ってて、なれるまでは、足がかってにブレーキ状態で、しんどかった~。

表通りは商店が立ち並ぶけど、路地は、昔ながらの土色の住宅がならび、よそものは近づくことはできない空間がありました。
開放路二路近くのスーパーはお土産用の品数が豊富。スーパーでは万引き防止の策で、入場前に大きな鞄は預けて入ります。
トイレは、ちゃんと扉がついてました。
掲示板には、売家やら、求人のビラがびっしり。
路上では天秤に果物をいっぱい入れておばちゃんたちが売ってました。
ホテルで食べた、小粒のみかん、りんごは美味しかった。あとはそれなり。食べて悲しくなるような果物はありませんでしたね。
レストランで食事をたのんだけど、メニューが文字ばかりなので、勘で頼みました。
だから、夜はツアーの食事にしましたが、次回はちゃんと勉強してチャレンジしてみよう。
味は味噌醤油系は全体的に濃い目で、毎日これでは血圧がやばくなりそう。
胃がちょっとお疲れ気味になったので、後半、浜をランニング。浜って、走りにくいぞ。
おかげで食欲回復しました。
今回は海鮮ものと、飲茶にはなぜか縁がありませんでした。でもお店は沢山あります。

市内でマッサージをしてもらった。普通のマッサージなんだけど、やってくれるのは若い女の子で、セーラー服で、ミニスカート。なんででしょ。1時間で、100元しません。2件行きましたが、同じ中式でしたが、ちょっとづつやり方がちがいましたが、どちらもけっこうハードです。
気持ちよかった~。

観光は、まず、南田温泉に。すべて露天のお風呂で、10人ほどの大きさで、椰子ミルク、お茶、ハーブなど分かれていて、目玉は、フィッシュセラピーがあり、40度ほどの温泉の中に魚がいて、角質化した皮膚を食べてくれます。気持ちよかったですね。3時間ほどいてました。
道中田んぼが続き、うしや、羊、かもが畑の雑草、虫を駆除してました。中国だけど、ここでは無農薬です。道路には牛や、鶏がうろうろしてます。

原住民のリー族の保護区の観光村へ。織物の実演、竹のダンスなど、想像がつく催し物が色々ありました。是非とはいいませんが、行ってみてもいいでしょう。

軍が経営する射撃センターで、的打ちができます。
別料金で生き物の的って・・・鶏だって。うううう~。
ここはどこにあるの?と現地で購入した詳細の少ない地図をみせると、分からないと。
とにかく地図がない。パンフレットも無い。地図を見る習慣もないようだ。


紅芸人ナイトショー。ニューハーフショーです。タイから来てるそうです。夜10時を過ぎて子供の雑技が始まりました。お子様は寝る時間じゃろ~と思いながらも、ぐんにゃりまがる雑技にきゃーきゃーいいながら時間が過ぎていきました。

夜中1時半ホテルを後に帰国。
朝10時日本着。さっぶ~。
てなことで、また日常が戻ってまいりました。

海南島は発展途上のリゾート地です。
数年後には日本でもメジャーになるでしょうね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

TIROL

Author:TIROL
大阪市在住。わんこと旦那のお世話しながら、おうちで時々お仕事しては、飲み代を稼いでいます。

チロル(♀)
2008年2月生まれ。
うちの2代目わんこ。
2010年5月10日5わんの母になりました。

アローラ(Arolla)
チロルの子:1番ちゃん。
ちびっこだけど、リンツ相手に負けてません。

リンツ(Linz)
チロルの子:3番ちゃん。
生まれたときからお笑い系まっしぐら。
営業部長の座を獲得。


1代目チロル(♀)
2007年8月26日虹の橋をわたりました

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。